ふと気がつくとしみだらけ…かなり確実じゃなかった…!

若い頃は不潔そばかすなんて、部分黒の自分にはかんけーないと思ってたのになあ?。なんとなく気がつくと顔つきミドル不潔だらけですよ。夫人が不潔だらけだから迫るんだろうなあ。顔つきはパパ似なのに肌質は女房だったんだ…女房色あい白いのに…。何故悪いところだけ似るんだろう…。ぐっすり美誌とかで、将来の自分のスキン時点を知るには、夫人を見て今から心掛けといったけって書いてあるけど、マジだったのね。もっとのろいけど。色あい黒が引け目だったから中学校からSPF50の日焼け止めつけてたんだけど、ビューティー白はしてなかったの。ビューティー白しとけばよかったよ?!だってビューティー白ものって厳しいじゃない、メーキャップ水も美液も。それでも美肌には変えられないなあ。できてからじゃあつけても簡単には消えないし、防衛が大事ですねえ。20代の後述、考え込むの多い時代があって、心中も体調もクッタクタだった。その時にそれとなく気付いたらおーきな不潔が3つもできてたのよねーのフラストレーションでビタミンCが減ってたのかなあ。心に手狭から鏡も見なくて不潔に気づかずに放置してたからぐっすり平静してしまった…。更に早くに処置してたら消えたかもしれないのに。一段と胃弱だからビタミンC飲むと状況酷くなんのよね…。否、胃酷いからCが吸収できなくて不潔ができるの?どうしてなんだろ…。得た名言は、心に手狭ときもたっぷり鏡を見ようってことだな?。目の下のしわを取りたい